ホーム > たわごと > 宅内LANの一部ギガ化

宅内LANの一部ギガ化

Aterm WR8700N

ネットワーク周りが不調だったのもあり、無線ルーターの経年劣化もあり、というわけで、Aterm WR8700Nを購入しました。
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このルーターの有線ポートは全て1000BASE-Tでの接続が可能です。

メインマシンとルーターをCat6Aケーブルで接続。無事に1Gbpsでリンクアップしました。
鯖との接続は、ケーブルを変えてまだ日が浅いのでまだCat5eケーブルですが、そのうち入れ替えます。
こちらも無事に1Gbpsでリンクできました。

さて、UT-VPNのスループット測定 ツールで鯖とメインPC間の速度を測ってみました。

結果はご覧の通りで、上下300Mbpsあまり、上下で670Mbpsとなりました。確かに速くなっているようです。
鯖からFTPで数百MBのファイルを転送してみましたが、明らかに100Mの頃より速度が出ています。

ここで、父親のLOOX R/A70Nが Atheros AR5008Xという11nの300M対応カードを載せていることを思い出してちょっと拝借。

11n・aにて接続しましたがちゃんと300Mbpsでリンクしました!

測定です。

おー!流石に54Mより速い!上り側の速度が頭打ちなのが若干気になりますがそういうモンなんですかね?
回線速度計測サイトでも有線と変わりない結果が出ました。 (回線が光100Mなため。)

というわけで、一部がギガ化、無線も11n対応機はその能力を存分に発揮できるようになりました。
ただ、ここから先は、他の家族がさほど必要としてないのもあり、進展しない予感です。

次の目標は光ネクストへの乗り換えですね・・・。工事費・・・。

カテゴリー: たわごと タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。