ホーム > たわごと > さらに紆余曲折あって

さらに紆余曲折あって

2020 年 2 月 6 日 コメントをどうぞ コメント

SANNETに別れを告げなければならない事態となったのでこの機にIPv6ネイティブな環境になりました。

となると、このサイト含めてIPv6ネイティブ化したくなる欲がふつふつと・・・
ただ、lightsailはまだまだIPv6対応する気配がありません。

で、見つけたのがConoHa VPSです。
1インスタンスにIPv4アドレス1つ+IPv6アドレス17個付いてくるという、IPv6ならではのアドレスの数ですな。

月880円のプランで仮想2core、RAM1GBでストレージがSSD100GB、外向きのネットワークは100Mbpsに絞られてるみたいですがファイル配布サイトやらやる訳じゃないしまぁ十分ですな。

早速CentOS8にPHP7.4をインストール、DBはlightsailから変わらずmariaDBで。/var/wwwを丸ごとtar.gzに圧縮して投げ込み、DBもphpMyAdminからちゃちゃっとエクスポート&インポート。細かいゴタゴタはありつつも何とか無事に引っ越し成功です。

さらに副産物として、ConoHa VPSは標準でDNSサーバーも提供してくれてるんですよね。これもRoute53を使っていた部分を丸々移動。AWSから完全にサヨナラする結果となりました。
lightsailとRoute53の両方で課金することを思えばまとめて880円でRAMもディスクもグレードアップしてますからこれは結果オーライなのでは?

さて、となると、
ISP:Interlink
ドメイン取得:お名前.com、ValueDomain、ゴンベエドメイン
VPS:ConoHa VPS
・・・結果的にGMOとインターリンクに絞られてしまったな!🤔

カテゴリー: たわごと タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。