ホーム > ちょっとした小技 > 光プレミアムの小技 – 複数ISPのうまい使い方

光プレミアムの小技 – 複数ISPのうまい使い方

2007 年 8 月 19 日 コメントをどうぞ コメント

と、言うぶっちゃけどうでもいい記事です–;

さて、CTUの設定を眺めても複数ISPを設定した場合、PCごとに振り分ける項目が見当たりません。
これをうまいこと回避できてしまった方法をご紹介。

「そんなん対応ルーターに丸投げでいいんじゃね?PPPoEにも対応したし。」 って声もあるかもしれませんが、ウチの環境はCTUに無線LANルーターをハブだけ生かしてぶら下げている状態なのです。

仮に、ルーターに全てを丸投げするとなると、NATの設定やらファイヤーウォールの設定から最初からやり直すハメになります。
そんな面倒くさいことやってられません、と言うわけで。

今更ですが、これをやるにはルーターが複数ISPの場合の振り分け機能を有していることが条件になります。
09/10 訂正。振り分け機能なくてOKのようです。

ウチのWER-A54G54は対応してました。にぱー。

LAN図

上図のPC2に別ISPを割り当てるとします。

まず、ルーターのWAN端子とCTUのLAN端子を接続します。
もちろん既存のLAN端子同士のケーブルはそのままです。

CTU設定画面1

次にCTUの設定画面からPPPoE機能を有効にします。
今回は2回線の使い分けなのでセッションは1にしました。

次はルーターの設定です。
WER-A54G54はメーカーに説明ページがありました。

PC2での設定

次にPC側の設定。
PC1の設定は変更ナシでいいです。
PC2側の設定で変更すべき点など

IPアドレスは前記のルーターで指定したIPを
デフォルトゲートウェイの項目をルーターのIPに
優先DNSサーバーの項目もルーターのIPに

以上で設定は一応完了です。
SpeedGuide.orgなどでPCごとにグローバルIPアドレスが変わっていることを確認しましょう。

カテゴリー: ちょっとした小技 タグ:
  1. コメントはまだありません。
  1. トラックバックはまだありません。